窓ガラスで省エネ

窓 自然

これからの季節、エアコンをかけているのに部屋の中の温度が下がらず、エアコンが寿命を迎えたのかと思うようなときがあります。
この原因が外部からの熱の侵入によるもので、そのほとんどが窓からのものです。
したがって窓ガラスに対策を講じることで、その悩みが解消されます。
しかし、今ある窓ガラスを断熱性のものにかえるとなると、費用がかかりすぎます。
そこで、断熱性のガラスに代わる方法が、窓ガラスに薬剤をコーティングするという方法です。
たったこれだけのことなのですが、赤外線の約90%もカットすることができるので、かなりの省エネ効果が期待できます。しかも費用も安く済みます。

たいていの日本の家は南、もしくは東南に向いています。
したがって直射日光が当たることになり、その影響で室温があがってしまうのですが、窓ガラスにコーティングするだけで赤外線をカットすることができるので、設定温度を上げても十分に効果が期待できます。
また、冷房にかかる費用を1℃上げるだけで、冷房にかかる費用の1割をなくすことができます。
ガラスコーティングに使用されている薬剤には有害物質が含まれていないので、赤ちゃんがいるご家庭でも安心です。
また、無色透明なので、室内が暗くなることはありません。
さらに一度コーティングをすると約10年間省エネ効果を持続します。
省エネが叫ばれている昨今、少ない費用で高い省エネ効果を期待することができるガラスコーティングは強い味方です。

大きな効果

天井 炎上

通常、リビングルームは南向きや東向きに作られていることが多いので、直射日光があたってしまい、どうしても室温が上昇しやすくなります。
なので、冷房効率が悪くなってしまうのですが、窓ガラスにコーティングをするだけで赤外線が大幅にカットされるので、エアコンの設定温度を高めにセットしても十分に効果を実感することができます。

なお、エアコンの設定温度を1℃上げるだけで、冷房光熱費を1割も節約できます。ガラスコーティングに使われている薬剤には有害物質が含まれていないので、安心して生活することができます。
また、コーティング剤は無色透明なので、フィルムのように部屋が暗くなることもありません。
さらに一度コーティングすると約10年間は省エネ効果を発揮します。
省エネが叫ばれている中で、少ない費用で省エネ効果を発揮するガラスコーティングは強い味方です。

窓ガラスで省エネ

ホテル

エアコンがついているのに部屋の温度が下がらずに蒸し暑いということがよくあります。
原因は外部の熱が侵入するからなのですが、この熱のほとんどの侵入経路は窓などの開口部からなのです。したがって、窓ガラスの熱対策が重要になるのですが、だがらといって既存の窓ガラスを断熱ガラスにするにはどうしても費用が掛かります。

そこで、断熱ガラスに代わる方法が、窓ガラスに薬剤をコーティングする方法です。
たったこれだけのことですが、それだけで赤外線を約90%カットできるので、かなりの省エネ効果を発揮します。
また、コーティングするのにかかる費用も安く済みます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031